So-net無料ブログ作成
前の12件 | -

目と首 [イベント]

wf2583.jpg
おひさしぶりです。
本格的に再開です。
というわけで目の部分を彫ってみました。
仮に入れてるカメラは他のメカ用に作ったものです。

wf2584.jpg
目がほぼ彫れたので正確な水平な線を引くために残していた台座を削り落としました。

wf2585.jpg
頭とすり合わせてモーターツール旋盤で首を作りました。

wf2586.jpg
組み合わせたらこんな感じ。

wf2587.jpg
下から見た首です。
中心にしるしを付けておきました。

wf2588.jpg
分度器で十字の線を引きました。

wf2589.jpg
十字の線の部分にスジ彫り。
目安の線を引いて、その線に合わせてデザインナイフを当ててグッと押さえ、
目立てヤスリで仕上げる感じです。

wf2590.jpg
コンパスで2本のスジ彫りの中間を出して目安の線引き。

wf2591.jpg
目立てヤスリでスジ彫り。

wf2592.jpg
スジ彫りとスジ彫りの間に2本のスジ彫り。

wf2593.jpg
何度も繰り返して首のスジ彫り完了。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボ [模型]

mak057.jpg
ウェザリングの手順をすべて書くのに時間がかかってましたが1月3日に完成してました。
去年の完成作が2つだったのに今年はもう1作目が完成とは感心ですね。
(これも作ってたのはほとんど去年じゃないかという意見はスルーです)

mak058.jpg
イラストは正面を描かれているので正面のフォルムを合わせるように作りました。

mak059.jpg
後ろ側。
正面のインパクトに負けないよう背中には大きなエンジンを背負わせました。

mak060.jpg
ラプターと。
というわけでこのロボのスケールは1/20です。
そしてパワードスーツです。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボの完成まで [模型]

mak051.jpg
Mr.ウェザリングカラーです。
ニュートラルグレーに塗ったパイプにランダムに染み込ませて砂っぽくしました。

mak052.jpg
スプラッシュの3色を足を中心にピシピシ弾き飛ばしまくりました。
全身にわたって弾き飛ばしました。

mak053.jpg
オイル垂れに使った塗料とほんの少しだけ使ったピグメントです。
エンジンオイルにはタミヤエナメルのフラットブラックを少し加えました。

mak054.jpg
オイル垂れまくりをやってみたかったので塗ってみたらミスって凹む。

mak055.jpg
ターペンタインを含ませた筆で撫でてリカバリー。

mak056.jpg
ほぼすべてのウェザリングが終わったので上面にウェザリングマスターを擦り付けて砂っぽく。
これで完成しました。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボの泥 [模型]

mak042.jpg
泥のウェザリングに使ったスプラッシュです。

mak043.jpg
足の裏にダスト&ダートデポジットのライトダストを塗って、
接地面はターペンタインを含ませた筆や綿棒で拭い落とした状態。

mak044.jpg
筆に含ませたスプラッシュのドライアースを爪楊枝でピシピシ弾き飛ばして接地面は拭い落としました。

mak045.jpg
スプラッシュのドライステップで同様に。
ターペンタインを含ませた筆や綿棒で落としきれないのは指先で拭い落としたり、なかなか手ごわいスプラッシュ。

mak046.jpg
何回か繰り返したら良い感じに。
今回のウェザリングでここだけはうまくいきました。

mak047.jpg
足首の側面も爪楊枝でピシピシ弾き飛ばしました。
飛び散りすぎた場合はターペンタインを含ませた筆でぼかします。
今思えば足首側面下部にもダスト&ダートデポジットを塗っておけばもっとリアルになった気がします。

mak048.jpg
接着した足にも。

mak049.jpg
ここで胴、腰、足を接着。
そしてアルミ線を中に通したメッシュパイプを長さ形状を調整して接着。

mak050.jpg
メッシュパイプをニュートラルグレーで塗りました。
付け根付近とかうまく塗れるか心配してましたがメッシュパイプが塗料を吸うのではみ出さずきれいに塗れました。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボの土埃 [模型]

mak033.jpg
土埃のウェザリングに使ったダスト&ダートデポジットです。

mak034.jpg
蛇腹の部分に土埃がたまったウェザリングをやります。

mak035.jpg
ダスト&ダートデポジットのライトダストをたっぷりめに塗って乾燥させただけです。
以前はピグメントをアクリル溶剤で溶いて塗って乾燥後に筆や綿棒で余分なピグメントを落としてましたが、
これは塗るだけで同様の効果が出て楽ちんです、しかもピグメントよりしっかり定着します。

mak036.jpg
足首の蛇腹部分も。

mak037.jpg
肩アーマーにはツノの根元などにダスト&ダートデポジットを塗って、
ターペンタインを含ませた筆で埃がたまったように強弱をつけました。
ライトダストでやってみたら色が薄すぎた感じだったのでサンドイエローでリカバリー。

mak038.jpg
胴は頭のツノや肩を中心に埃っぽく。

mak039.jpg
エンジンのノズルはタミヤのウェザリングマスターで焼けた感じに。

mak040.jpg
フチの部分とか付属のスポンジでは塗りにくい部分はシリコーン筆を使ってみました。

mak041.jpg
ノズルのウェザリングが終わったのでノズルの中にノズルの中パーツを接着。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボの雨垂れ [模型]

mak023.jpg
ハンブロールのマットチョコレートで細かな傷や点をポツポツ描き込みました。

mak024.jpg
肩アーマー。

mak025.jpg
腰横アーマー。

mak026.jpg
スネ。

mak027.jpg
チッピングが終わったので、
ウィンターストレーキンググライムとストレーキンググライムで雨垂れのウェザリングをしていきます。

まずはウィンターストレーキンググライムを塗って、

mak028.jpg
ターペンタインを含ませたきれいな筆で上から下にサッサッとなでてなじませます。
白いデカールの部分をウィンターストレーキンググライムで汚すととても効果的です。

mak029.jpg
腰パーツ。

mak030.jpg
腕。

mak031.jpg
腰前アーマー。
ストレーキンググライムも多用したかったのですが、
ウィンターストレーキンググライムでのウェザリングが剥がれてしまうのが嫌なのと、
何度も筆でなですぎてツヤが出てきてしまったので少しに留めました。

mak032.jpg
胴に肩アーマーを乗せてみたらこんな感じ。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボのチッピング [模型]

mak014.jpg
迷彩色部分の迷彩色が剥がれて基本色が出てきたチッピングをするので、
基本色と同じ色をハンブロールで調色しました。

mak015.jpg
迷彩色部分にチッピングを描き込んでいきます。
後でマットチョコレートを重ねるので普段のチッピングより気持ち大きめに。

mak016.jpg
胴も。

mak017.jpg
スネも。

mak018.jpg
基本色のチッピングが乾燥したらマットチョコレートでチッピングを描き込んでいきます。

mak019.jpg
胴も。

mak020.jpg
基本色のチッピングに合わせてマットチョコレートで描き込んでいくのはとてもめんどくさい…
でも良い感じになったし少々ずれてもそれっぽく見えてくれるので良かった。

mak021.jpg
ブッシュマンのキャノピーを接着した時に使った接着剤が古くなって変質したのかきれいに拭き取れなかったので、
(画像の状態)
ハンブロールのフラットコートを流し込んだり、スミ入れ塗料を流し込んだりしてリカバリーしました。

mak022.jpg
エポキシ接着剤で頭の中にカメラを接着して、エポキシ接着剤で頭を胴に接着。
コメント(0) 

2020年あけました [模型]

2020年、いよいよ東京オリンピックの年ですね。
個人的には見に行かないから他の国でやるのとあまり変わらないですけど。
でもオリンピックがらみでワンフェスが11月になるのはちょっとワクワクしています。
そもそも6月7月はレジンキャスト流しや完成見本の塗装には向いていないと思うので…

で、今年もプラモ&ガレキを12個作るという目標で、
今年こそオラザクに参加して、秋のワンフェスには新作を1個か2個作りたいです。

ギターの目標は現在8割くらい弾けてるOH!を完全に弾けるようになることと、
もう2曲くらい追加で弾けるようになることです。
去年の目標であったGO!GO!MANIACは9月頃にテレビサイズなら弾けるようになりました。
感心ですね。
コメント(0) 

2019年まとめ [模型]

いつものプラモ&ガレキを12個完成させるという目標で今年は完成が2個でした。
たるんでおりますな。
今作ってるのが完成しなかったのが悔やまれます。
しかもプラモが1個も完成していない。
たるんでおりますな。

wf2503.jpg
ディゾ4本足形態
去年作る予定だったのに今年のワンフェスの本申請前にようやく作る事が出来ました。
原型の段階でなんとなく組んではいたもののちゃんと4本足形態になってうれしかったです。
最後の足を接着する時にピシッとはまってデザインの凄さに驚きました。

wf2558.jpg
DM
コックピットを作れなかったのが心残りです。
コックピットが作れる方法を思い付いたから製作開始したのに…

来年は今作ってるのが早々に完成すると思うので、
1月の段階で今年の半分を達成というすばらしい年になりますね、よかったですね。
ではよいお年を。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボのスミ入れとデカール貼りとドットウォッシング [模型]

mak006.jpg
Mr.ウェザリングカラーのグランドブラウンでスミ入れしました。

mak007.jpg
拭き取れすぎた部分はラッションドローイングペンで修整。

mak008.jpg
スミ入れが終わったので楽しい楽しいデカール貼り。

mak009.jpg
デカールが乾燥したらエアブラシでクリアーを吹いて、缶のスーパークリアー光沢を吹いて、
段差をトレカットで消して、
スーパークリアーつや消しにスーパークリアー半光沢を少し混ぜたものをエアブラシで吹いてつや消し。

mak010.jpg
ドットウォッシングに進みます。
今回使った油絵具。

mak011.jpg
筆で点付けして、

mak012.jpg
ターペンタインを含ませた筆で上から下にサッサッと伸ばしました。

mak013.jpg
胴はこんな感じ。
コメント(0) 

Ma.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボの塗装 [模型]

mak001.jpg
おひさしぶりです。
このところMa.K.スケッチブック60の108ページの「下から上に塗る!」ロボを作ってて、
少し前に原型が完成して、少数量産して、塗装をするところまで進んだので、
後で思い出せるように手順をブログに残しておくの巻です。

まずは基本塗装です。
塗装色や塗装パターンはラクーンのプラモのガイドを参考にしています。

mak002.jpg
迷彩色を筆塗りしました。
筆塗りの技術はとっくに失われているのでグダグダです。

mak003.jpg
筆塗りの粗を補うように迷彩色をエアブラシで吹いて、
基本色を吹いて修整して、
再度迷彩色を吹いてシャキッとさせました。

mak004.jpg
頭はこんな感じ。

mak005.jpg
肩アーマーはガイアノーツの鋳造表現塗料で鋳造っぽくしてみました。
コメント(0) 

トミカプレミアム トミカスカイラインターボスーパーシルエット [おもちゃ]

tomica097.jpg
トミカプレミアムのトミカスカイラインターボスーパーシルエットです、長い。
トミカのマーキングが大きく入ってるだけあってとても力が入っててとても良いです。
定価800円の多いトミカプレミアムにあって定価900円ですがマーキングがすごいのでお安く思えます。

tomica098.jpg
反対側。

tomica099.jpg
後ろ側。
コメント(0) 
前の12件 | -